叙事詩 「月の夜に恋の光」『その3 小さな人々』

まちの人・ものづくりのページでは、創成東エリアで活躍するものづくり人の作品を紹介します。
****************************
叙事詩 「月の夜に恋の光」
『その3 小さな人々』
作:中井 亮一
絵: Futaba.

『その3 小さな人々』

太陽が姿を山に隠す頃、耳の奥で、ピアノのメロディーが聞こえ始める。
”叩きつけるメロディー”

薪を燃やす匂いがした。

湿った土の上を一人歩いている。
歩く目的すら、わからぬまま。

木々の集落と草原が交互に訪れる。

熊笹が囁いている。
風が吹いている。
熊笹が囁いている。

「お父さん、魔王の囁きが聞こえないの?魔王が僕を苦しめる」
この言葉が耳をかすめる。
この歌。

”何だろう”?思いながら歩く。

「もっと光を!」
頭が、どうかしている。
とりとめもないようなことだけが、自分を支配している。
曖昧な自分。

”目的すら、わからぬまま”
僕は、目的もなく、たださまよう。
何の使命も、約束もなく。
限りなく自分を見失いながら。

そうこうしているうちに、干し魚の匂いが近づいた。
懐かしい匂い。
辺りは大分暗くなっている。
”夜の始まり”

夕闇に目をこらすと、小さな集落がそこにあった。

薪を集め、火が焚かれている。
温かな火の数々。
そこに、とてもとても小さな人々がいた。

小さい人々?

小さい。
片腕くらいの大きさだ。
サイズに合った彼らの住居は、中途半端な犬小屋を思い出させた。
茅葺の小さな小屋。

そして、どの家屋にも、干した鮭が吊るしてあった。
吊られた鮭は、天井から地面に達していた。まるで雄大なオブジェみたいに。

「この匂いか」
小さく呟いた。
自分に声があることを確認しながら。

その”小さな人々”は、どの人も奇妙な帽子を頭に乗せている。
まるで20世紀のマジシャンのようだ。
男女男女女女女女女。
女男女。

僕の姿を目に留めると、彼らはそそくさと、木々の間に姿を消した。
何か、僕は悪い人みたいだ。
苦笑いをする。

それにしても空腹だ。
猛烈な空腹を覚える。

何かを探すように視線を動かすと、一つだけ石造りの小屋を僕は発見する。

するとそこから、茜色の服、白貂の毛皮をまとい、さらにどういうセンスなのか、金色のマントを引きずった男が近づいてきた。
当然、頭に王冠が乗っている。

「やあ下々」甲高く彼の声。

”下々”?
まあ、いい。

「近う寄りなさい、その方の顔が、もっとよく見えるように」

一体何なんだろうと思いながら僕は、地面に向かって「こんばんは」と言った。

「では、拝見しよう」
マントの男は、右手を差し出した。

「何を?」僕は、この世界が、何もわかっていない。
「へ?」王様も、キョトンとしている。

「拝見って?」

マントの男は、200年分くらいのため息をつき「献上品だよ、献上品。献上品受け取る魚あげる」

なるほど、そういうことか。
僕は、ポケットをまさぐる。
マッチが出てくる。

『湯気をおびやすい場所に置かないで下さい』

『幼児、子供の手の届かないところに置いて下さい』
”うきわかもめ”

マッチに書かれた文面を読む。

僕は、彼を見る。
彼は小さいが、幼児子供ではないだろう。大丈夫。多分大丈夫。

僕は、マッチをその小人に手渡す。

「これは、なんぞやね?」

耳の奥で、再び歌が鳴っている。
「お父さんには魔王が見えないの?王冠と尻尾をもった魔王が」

僕は、無言で”それ”に火を灯す。
小さい彼は、びっくりしてひっくり返り、マントを背中から被ってしまう。
おならをする。
臭い。
とても臭い。

僕は被ったマントを元に戻し、ついでに立たせてあげた。

「これはすごい」彼は言う。
「マッチ」
「マッチ」

マントの男は、石の小屋に引き下がり、乾いた鮭を僕に持ってきた。
鮭は、彼より大きかった。

「ねえ」
「なんぞやね」
「もしかして君は王様?」

彼は胸をそらせて「そうだがね、下々」と言った。

ふ〜ん。

「ふ〜ん、あとここらにいる木々は何?」
「ハンノキ」
「ハンノキ」

そうか、ハンノキか。

”ハンノキの王様”

ようやく僕は、頭の中の音楽が、ゲーテでありシューベルトである事を思い出す。
こんなことばかり思い出している。こんなことは、”ここで”生きていく役には立たない。
多分何も。

視界に白い蕾が入る。

その横で、赤いバラが揺れていた。

この男にも尻尾があるのだろうか?僕は思った。

つづく
****************************
本サイト「下町まちしるべ」に掲載されているコンテンツの文章、画像(写真、イラスト、動画)、音声、デザイン、データなどの著作権者は、社団法人さっぽろ下町づくり社または製作者です。コンテンツをはじめ出版物や製作物(DVDやグッズなど)は、著作権者の許諾を受けることなく、著作権法上で定められている目的(引用など)以外に、使用することはできません。

叙事詩 「月の夜に恋の光」『その2 珈琲屋の彼女』

まちの人・ものづくりのページでは、創成東エリアで活躍するものづくり人の作品を紹介します。

****************************
叙事詩 「月の夜に恋の光」
作:中井 亮一
絵: Futaba.


『その2 珈琲屋の彼女』

二条魚町。

奇妙な名前だと彼女は思う。
この国のどの町に、”魚町”という名前があるのだろうか?

”分かりやす過ぎる”
彼女は思う。

”でも素敵じゃない”
とも彼女は思う。

魚を売っているから魚町。
シンプルでいい。

鮭蟹鮭蟹昆布鱈昆布鱈鰊鰊鰊etc etc

彼女は喫茶店の店員だ。
この春で、三年目。

その店は、魚町の市場の通り向かいにある。

彼女の働いている店は、珈琲が美味しいと評判の店だ。
魚町の珈琲店。

オーナーが焙煎した珈琲豆を、彼女が淹れる。
二条の通りに、芳ばしい香りが、棚引いている。

七坪の、細長い喫茶店。
今日もカウンターは、賑わっている。

注文が入る。
コーヒー豆の分量をスケールで計り、ミルに入れ粉砕する。
その豆を、ネルに詰める。
お湯の加減を見て、ポットに注ぐ。

彼女は、珈琲を落としてる。
丁寧に丁寧に。
間違いのないよう、心を込めながら。

ネルドリップは、隙のない作業が要求される。
挽かれた豆に水分を与え、膨張させる。

そこに、細い雫を注ぎ込む。
やがて、真っ黒の液体が、布から滴り出す。
一滴、二滴、三滴。

彼女はその瞬間を愛おしく思う。

”明日を誰かのために生きられるように”

滴り出した液体は、一本の糸となり、地球の重力を伴い降りてゆく。
そして、それは珈琲となる。

ブレンドたちや、ストレートの豆豆。

それらのコーヒー豆たちは、彼女を経由して、珈琲に生まれ変わる。

「いつもより早いですね」
毎日来る常連に、彼女は言った。
その客は、この間語学留学で、マルタ島に行っていた。
「今日は、お客さんが来るの」

喫茶店の彼女は、その言葉に微笑む。
そこらが、少しだけ明るくなる。

付き過ぎず、離れすぎず。

色々な人々が、そこを訪れる。
老若男女。月並みな言い方がピタリ。
分け隔てなく、彼女は対応する。

気づくと、客が途切れない店となっていた。

ふと時計を見ると黄昏が近づいていた。
彼女は、いつも来る彼が、いないことに気づく。

毎日来て、黙って珈琲を飲む、若い男のことを。

「今日は来ないんだ」
彼女は思う。
だが、そんなことは一瞬で過ぎ去る。
何故なら、彼女は忙しいのだ。

五月の平日。
この街は降ったり止んだりになる。
リラ冷えの季節。

今日も朝から忙しい。
夕方も、いつもはその流れが続くのだが、珍しいことに途絶えた。
しばしの閑散。
アイドルタイム。

市場側の入り口から、彼が入って来た。”黙って珈琲を飲む”彼だ。

「いらっしゃいませ」

彼は、いちばん入り口側のカウンターに座る。
まだ若い。
二十代だろう。
髪が、いつも短く刈られている。

カウンターに、白い芍薬が揺れている。芍薬は、まだつぼみのまま。

店は、彼と彼女が、ふたりきり。店内のBGMが、叩きつける鍵盤に変わった。

「珈琲を」

彼が言った。

つづく

****************************
本サイト「下町まちしるべ」に掲載されているコンテンツの文章、画像(写真、イラスト、動画)、音声、デザイン、データなどの著作権者は、社団法人さっぽろ下町づくり社または製作者です。コンテンツをはじめ出版物や製作物(DVDやグッズなど)は、著作権者の許諾を受けることなく、著作権法上で定められている目的(引用など)以外に、使用することはできません。

叙事詩「月の夜に恋の光」『その1黄金の狐』

まちの人・ものづくりのページでは、創成東エリアで活躍するものづくり人の作品を紹介します。

****************************
叙事詩 「月の夜に恋の光」
作:中井 亮一
絵: Futaba.

『その1 黄金の狐』
 

 

 

何から伝えればいいのだろう?

どこまで話せばいいのだろう?

 

 

君に

 

 

 

暗闇から抜け出てみれば、不変の光に巡り合った。

只、あまりにも長く光を失っていた為、涙が止まらなかった。
どこにそこまでの水分が保たれていたかわからないほど、多くの涙を僕は流していた。

そう”干からびる”ほどに。

 

この世界に目を慣らさねばならない。
時間をかけてでも。
何かを探していた筈だから。
何かを。

 

時間?
時間なんてどこにあるのだ?

 

 

大型の肉食獣の、うなり声の様なものが、聞こえている。が既に、怯えは失われていたので、なるがままにまかせておいた。
”なるように、なればいい”

僕は何も恐れてはいない。と言うよりは、”恐れすら”失っていた。

 

その音は寸断なく”聞こえている”。
グォオオオ、グォオオオ。

これが生物なら、未知の素敵な出会いだ。
”出会いは必然である”
”そうさ答えは風が知っている”

 

やがてそれは、雪解けの水を運ぶ、大きな川の声だと気づいた。
それでもやはりホッとする。
”肉食動物では、なかった”ことに。

 

少しの安心は肌寒さを僕に知らしめた。

「寒いとこだな」僕は思った。

 

 

耳が慣れてくると、木々の揺らぎ、鳥のさえずりを僕に感じさせた。

「どこにいるのだ?」
単純な疑問が頭を覆う。

 

 

平板に聞こえる川の声。
僕は、ひたすら目が慣れるのを待つ。耳を澄まし、涙を流しながら。

 

その時間が、永遠なのか儚いのか?それすら、よくわからなかった。
”僕は何もわからない”
”何も覚えてはいない”

 

手探りで地面を触る。
土の匂いがする。草がいる。相変わらず、木々は揺れている。

だが、そこから動くことが出来ない。
僕は只白い光に包まれている。

 

 

ここに来る前、強烈な光の中に僕はいた。
身体の境界線が、ぼやける程の光の中で、僕はしばし恍惚を感じていた。

 

”恍惚”は、永遠かと思いきや境界線がなくなった後、光と共に去った。

 

そして長い間、暗闇と共にいた。
進むがままに。

 

瞼に差し込む光が、朱色に染まる頃、少しづつだが、目を開くことが出来た。
世界が輪郭を取り戻す。

 

 

音の正体は、やはり川だった。
大きな川だ。

 

視界が開けてくる。
全てが、形を”取り戻す”。

僕は、”崩れた崖”の上にいた。
ポツリと。
たった一人で。

 

背後に、風化した石碑のようなもの。
そこの下には、人が一人通れるかどうかの、穴があいていた。

 

穴を黙って見つめる。
あちら側とこちら側。

 

太陽は、傾いてきている。
その太陽の方向に、山並みが連なっていた。
山頂付近が白い。

山と僕の間に、木々が群生していた。
所々に、煙が立ち上っている。

 

「乾いた砂を運ぶ、大きな川だよ」
声がした。
声の方向をみると、黄金の狐がいた。

 

狐は夕日を受けて、全ての毛が生きてるように、輝いていた。’毛”自体が生き物であるかのように。

 

目が合うと、狐は「やあ」と言った。

 

「やあ」僕も言った。
「よそ者だね」狐は見た目より、低い”いい声”だった。
「そのようだね」久しぶりに出す僕の声は、どこかぎこちない。

 

「おいでよ」と狐は言った。

 

”おいでよ”
”どこに?”

 

どこにでもいけばいい、答えは風が知っている。

 

 

僕は、足に力が入るか確かめながら、立ち上がった。
”ふらふら”
音がしそうだ。

 

立ち上がり、再びあたりを眺める。
川の向こうにとてもとても大きな月が座っていた。

 

 

満月。

 

そうだ満月だ。
「ピンクムーンは、特別な力があるの」彼女の言葉。

 

彼女?
彼女って?

 

4月の満月、ピンクムーン。

 

だけど僕は、肝心なことを、なにひとつ覚えていなかった。

 

 

 

つづく

****************************
本サイト「下町まちしるべ」に掲載されているコンテンツの文章、画像(写真、イラスト、動画)、音声、デザイン、データなどの著作権者は、社団法人さっぽろ下町づくり社または製作者です。コンテンツをはじめ出版物や製作物(DVDやグッズなど)は、著作権者の許諾を受けることなく、著作権法上で定められている目的(引用など)以外に、使用することはできません。

FAbULOUS 中村健一さん その2

2017.05.31|【まちの人々】

 
このページでは、創成東で面白いコトをおこす「ひと」を紹介していきます。
前回に引き続き、複合店舗「FAbULOUS(ファビュラス)」をひらいている中村健一さんのインタビューです。
家具&雑貨ショップのサービスとしてひらいたカフェスペースが、ブロガーの記事で取り上げられたことをきっかけに盛り上がります。開店以来、中村さんが描いている「古き良きアメリカ」のイメージをつくった、若かりし頃のきっかけをお話ししてくれました。

きき手:山本忠(さっぽろ下町づくり運営スタッフ)
 

山本:アメリカ文化に触れたきっかけは?

中村:10歳以上歳の離れている兄です。兄と兄の友達から受けた影響が大きいです。映画・音楽・ファッション。同世代の人に比べたら、確実にませていたと思います。はじめてのアメリカは、高校2年生の時に行ったハワイです。たしか湾岸戦争の時。兄とその仲間と一緒に行って、何がアメリカなんだか訳が分からないまま帰ってきました。ドル札や標識など日本とデザインやディティールの違うものがあったかなぁ程度でした。で、リベンジをしたくて高校3年の時にまた兄達と再度ハワイへ。その時は気合入っていますから、バイトで貯めた120万を2週間で全部使ってきました。

山本:120万‼高校生が何に使ったの?

中村:覚えていないです(笑)。アメリカで金使ってやった!って、充実感の方が大きくて。あ、ウエスタンブーツ買い漁ったかも。

山本:スゴイ高校生(笑)。貯めた金額もスゴイけど使ったのもスゴイ。たまに見られる破天荒さはそのころからあるものなのかな?

中村:その時は満足感ありましたけど、ハワイでしたから。やっぱり大陸に行きゃなきゃと思うようになり、お金を貯めだします。高校生当時からファションが好きで、特にウエスタン系が好きで。西18丁目にあったデュークというお店を手伝っていましたし、本場に行きゃなきゃ!大陸に行かなきゃ!そう強く思っていましたね、根拠のない使命感に近い(笑)。

山本:若さの素晴らしさ(笑)。アメリカに住みだしたのはいつぐらいですか?

中村:20歳です。それまでは市場(本間水産さん)やサッポロファクトリー等で働きお金をコツコツ貯めていました。

山本:ファクトリーで働いていたんですね、その時の仕事内容は?

中村:オープン当初からサッポロビールの飲食部門で、ビールマイスターをやっていました。

山本:意外!飲食のイメージはなかった。当時のサッポロファクトリーは斬新だった。

中村:ドアノブや手すりに、ビール工場で使っていた工業用品なんか使ってカッコ良かった。

山本:そのころから東側に縁があったんですね。そして、お金が溜まり、念願のアメリカ大陸へと

中村:そのころ、アメリカに留学したことがある友人が出来まして。彼がまたアメリカに行くという話を聞き、彼を追って大陸へ旅立ちます。アルハンブラといって、ロスから数キロ離れた場所です。その場所の最初の印象は、中華街、チャイニーズタウン。レストランが中華しかない(笑)

山本:アメリカに憧れ、たどり着いたところが中華街。これはオレの求めていたアメリカじゃない?(笑)

中村:まったく違う(笑)。 ただ、当てもないので友人の家にルームシェアして住むことにして、とりあえず英会話学校(大学に行く前の準備学校みたいなもの)に通います。
映画で見た、辞書束ねて肩に引っ掛け…なんてキャンパスライフを想像していたのですが、現実はまったく違って。学校も英語圏の人ではなくアジア系ばかり。イメージしていたアメリカではなかった。

山本:それもアメリカの一部って言えば一部なのかな~。

中村:そうですね。それもアメリカ、ボクが知らなかったアメリカです。

山本:学校にはアメリカに憧れてギラギラしている人が多かったんじゃない?

中村:そうでもないんです。極端でしたね、金持ちの道楽というか暇つぶしに来ている人と、なんかやってやろうって人と、その国にいられなくなった人。金持ちの割合は多かったかな、そういう人たちはすでに車もっていましたから。ボクは、さびれたチャリンコです。
日本から200万持って旅立ったんですが、収入が無かったので、みるみるお金が減っていくのが怖くなっていた時期でした。仕事しようにもまだ満足に会話できないですし、怖かった。ルームシェアしていた友達も、お金に余裕があるタイプだったので、向こうは全て外食、こっちはパンかじる毎日。
金持ちに対するやっかみも増して荒んでいきましたから、シェアをやめて格安の掘立小屋を見つけて引っ越しました。

山本:憧れのアメリカは厳しかった

中村;はい。その時期に、学校で英語に慣れる為、歩いている人に道を尋ねて目的地に行くという授業がありまして、訳もわからずカフェでコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる男に声をかけたんです。拙い英語で会話をしていると、その男が「お前は何をやってるんだ?」と質問してきて。今考えても何故だかよくわからないんですが、その時の覚えたてのフレーズで「仕事を探しているんだ」と口走ったんですね(笑)。

山本:よっぽどお金が欲しかったんだね(笑)。

中村:たぶん(笑)。 そうするとその男が「ウチで働け」と。ボクからしたら、道端で出会った男に「困ってるなら、ウチで働け」って言われても、仕事内容も解らないので相当不安だった。でも、お金が欲しかったのもあり、勇気を振り絞りその男の家へ行きました。ビクビクして現場に行ったのですが、仕事はその男が買った家の修理を手伝う事でした。それがアメリカでの初給料です、20ドル、2,500円。しかも小切手でした。
金額ではなく、憧れていたアメリカに近づけた気がして腹の底からうれしかった。その小切手に屋根を塗った青いペンキが少し付いていました。いまだに目に焼き付いています。

山本:リアル北の国からだね(笑)。 ジュンと古尾谷雅人そのまんま!

中村&山本:(大爆笑)

―理想とは違ったアメリカでの滞在経験。それでもアメリカを慕う中村さんは、どんな想いをFAbULOUSに込めていったのでしょうか。続きのお話は、また次回に!

(つづく)

取材協力:FAbULOUS
http://www.rounduptrading.com/
企画・構成:山本忠/(株)ピントハウス 近藤洋介/(株)ノーザンクロス
編集:行天フキコ/(株)ノーザンクロス

FAbULOUS 中村健一さん

2017.03.27|【まちの人々】

まちの1人目
中村健一さん(有限会社ラウンド・アップトレーディング代表取締役)

 
このページでは、創成東で面白いコトをおこす「ひと」を紹介していきます。

今回、お話をお伺いしに向かったのは、南1条東2丁目にある複合店舗「FAbULOUS(ファビュラス)」。アメリカのストリートカフェを感じさせる店舗では、カフェスペースの他、雑貨や家具なども販売しています。まだ古いまちというイメージが強かった創成東にカフェをひらくに至ったいきさつを、まちひと・中村健一さんにお聞きします。

きき手:山本忠(さっぽろ下町づくり運営スタッフ)

 

山本:この場所に店舗(ファビュラス)を構えて何年目ですか?

中村: 12年目です。

山本:ここにした決め手、みたいなものはありましたか?

中村:たまたまというか、巡り合わせというか。もともとまちの中心部で古着や家具などを扱うショップをいくつかやっていたんですが、次はしっかりと家具を扱えるような広いスペースに出店したいと思っていました。それで中心部からは少し離れた場所を探していたら、この建物に出会ったんです。当時はガレージだったんですよ、ここ。人が訪れるような空間に変えることができるのか、正直不安もありましたが、理想のお店像に近づけるためにはここしかないと思って、店舗デザイナーさんと話し合いを重ねました。

山本:理想のお店像。それは以前から考えていたんですか?

中村:頭の片隅にはあったんですけど、この物件を見て意識しだしたというか。ただ周りの人からは大反対されました。箱があまりにも大きいのでランニングコストもどのくらいになるか想像もつかないし、こんな寂れた場所で商売するなとか。

山本:当時の創成東は、「雰囲気暗い!」というような声ばかりが聞こえましたよね。自分も12~14年前、東で商売してみない?って声かけて相当数断られました。

中村:でも自分なりの勝算があったので出店しました。僕の場合、アメリカに住んでいて海外を見ていた影響は大きいと思います。ロスにあった倉庫群だとか、買い付けに行く場所と物件の匂いが似ていましたね。アメリカでは古い物件を自分達でDIYでリフォームして、自分たち流に商売をすることが当たり前でしたので、違和感はまったくなかったです。

山本:今でいうとセルフリノベーションってものにあたるかな。先取りしすぎですね(笑)。FAbULOUSがオープンした12年前、札幌には業種がミックスした複合店舗はほとんど無かったのでは?

中村:まだ「ライフスタイル」という言葉があまり使われていない時代。ライフスタイルの提案を表現していた店舗は、札幌だとD&DEPARTMENT、アフタートークかなぁ。僕はずっと物販畑で、家具やデッドストック物を扱っていたのですが、高額商品の商談をしている際に、お客様にリラックスしていただくためのラウンジが欲しいなと思いはじめて。それがカフェをつくろうという考え方のはじまりですね。

山本:最初は、物販の為のカフェスペースであったと。

中村:そうなんです。カフェスペースでの売り上げは期待していませんでした。あくまでお客様へのサービスとして考えていました。外車のディーラーさんなどに行くと、コーヒーを飲みながら雰囲気のあるサービスってあるじゃないですか。当社もヴィンテージやアンティーク物の高額商品を扱っていましたので、その空気感をお店の商品にあわせて出したかった。

山本:そのことをお店として表現してオープンする訳ですけど、実際お客様の反応はどうでしたか?

中村:手応えはまったくナシです(大笑)。カフェのコーヒーを紙コップで出していたんですよ。シアトルスタイルだって言い張って。アメリカのキヨスクっぽい感じを出したくてメニューは何種類かのケーキと紙コップのコーヒー。お客様にアメリカを感じさせたかった。

山本:古き良きアメリカ、そのライフスタイルの提案。

中村:ですね。そうこうしていると、とあるブロガーさんの「札幌に検尿カップでコーヒーを飲ませる店がある」という記事から火が付き始めて。

山本:検尿カップ?!

中村:おそらく紙コップで提供する様子を面白く書いたんですね。コップにスリーブを巻いて、ロゴスタンプを押して出していたので。でも、ライフスタイルの提案ですから紙コップ等は全てアメリカから輸入して使っていたんですよ。そこは本気です。

山本:そのことがきっかけで、意図せずカフェの売り上げが伸びて行ったんですね。

中村:そのころも物販ショップがメインだ!って気持ちでやってましたが、お客様が隠れ家カフェみたいな使い方をし始め、食べ物の要望が増え出し、料理メニューを充実させ、厨房も増設し…今に至ると。ニーズに従いました。

山本:今のFAbULOUS、複合店舗としては札幌のトップランナー的な位置になると思うのですが、お店の理想像になっているものはやはりアメリカの影響が大きいですか?

中村:アメリカってなんかいいじゃないですか。僕たちが思春期に触れてきた映画・音楽、アメリカ文化が圧倒的に多い。映画の中で、アメリカの高校生は真っ赤なピックアップトラックにチアガールを乗せ、プロム(ダンスパーティー)で会った女の子と恋をするし、子どもたちはネルシャツにカーハートのジャケットをはおり、BMXに乗って冒険に出る。何もかも日本と違って見えた。圧倒的にカッコイイ。その国に行ってみたかった、それが全てですね。

―アメリカへの憧れ心は、ついに中村さんをアメリカへと旅立たせていきます。現地での滞在記とFAbULOUSオープンまでのお話は、また次回に!

(つづく)

取材協力:FAbULOUS

http://www.rounduptrading.com/

企画・構成:山本忠/(株)ピントハウス 近藤洋介/(株)ノーザンクロス

編集:行天フキコ/(株)ノーザンクロス